MENU

水素水は疲労にきく

 

水素水は疲労にきくとよく言いますが、本当なのでしょうか。実はそれは本当で、水素水には、疲労回復効果があります。

 

水素水には、疲労の原因を取り除くメカニズムがあるのです。年齢を重ねていくと、疲れが蓄積されやすくなります。

 

そうした時に便利なのが水素水で、疲労の原因は体内活性酸素と言われています。

 

通常、人の体は、体内の抗酸化作用により活性酸素は除去されるのですが、
抗酸化作用の処理能力以上に活性酸素が増えると、細胞の成分や組織が崩壊します。

 

疲労の原因は、除去されない体内活性酸素が溜まったことにあり、酸化ストレス状態が疲労の原因と言われています。

 

疲労回復に水素水が効果的なのは、酸化ストレス状態を改善することができるからです。疲労を溜めないためには、水素水がおすすめで、水素には、強力な抗酸化作用があります。

 

水素水には活性酸素を撃退する力があり、細胞を破壊する悪玉活性酸素と結合して、体外へと排出します。

 

水素水を飲むと、疲労の原因である活性酸素を体外へ排出させると共に、代謝機能を促進するので、疲労回復効果が期待できるのです。

水素水を飲むタイミング

 

水素水を飲むタイミングは、気になりますが、1日1回だけ水素水を飲むとしたら、活性酸素が多くなる直前に摂取するのが一番です。

 

活性酸素が発生する活動前の朝に水素水を摂取するのが良いと言われていて、風呂に入る前や就寝前でも効果的です。

 

水素水を飲むタイミングは、活性酸素の発生前後がよく、それが飲む理想的なタイミングになります。

 

活性酸素が発生する前後に飲むと良いのは、活性酸素量に応じて取り込まれる水素量が異なるからです。
活性酸素がより多く発生するタイミングで水素水を飲むと、効果的に水素を体内に取り入れることができるのです。

 

運動時の水分補給で水素水を飲むなら運動の前後がおすすめで、外出時の日焼け対策で水素水を飲むなら外出前後がおすすめです。

 

要は、体が酸化ストレスにさらされる前後に水素水を飲むとよく、効果を体現しやすくなります。

 

水素水を慢性疾患に対する補充療法として飲む際は、朝昼晩の3回に分けて継続的に飲むと良いです。

 

日常、人は常に活性酸素のリスクにさらされているので、水素水を摂るなら、活性酸素を効果的に除去できるタイミングで飲むことです。