MENU

水素タブレットと水素水の違い

 

水素タブレットと水素水の違いはどこにあるのかと言うと、水素水は水として飲んで水素を補給するタイプで、水素タブレットは錠剤であるところです。

 

水素タブレットは体内で継続的に水素を発生させるのですが、水素水の場合、飲んだ直後に一気に体内に水素が入るようになっています。

 

水素水とは、水素が水に溶け込んでいる水のことであり、スポーツ選手で水素水を取り入れている選手は近年増えています。

 

水素タブレットは、基材に吸着させた水素が体内の水分と反応して徐々に水素が発生する仕組みになっているので、効率的な濃度で長く体内で水素が発生します。

 

水素タブレットと水素水の違いは、単純に言うと、水で摂取するのか錠剤で摂取するかになりますが、効率的な濃度で摂取するかがいずれもポイントになります。

 

その際、濃度が高ければいいという問題ではなく、水素水でも水素タブレットでも、高濃度というよりは、効率的な濃度で長時間水素をいかに発生させてくれるかが大事になります。

 

そういう意味では、水素水よりは水素タブレットの方か良いと言えるかもしれません。