MENU

水素水を利用するスポーツ選手

 

水素水を利用するスポーツ選手はたくさんいます。それは、水素水には活性酸素を抑制する力があるからです。スポーツ選手は、一般の人よりも筋肉量が多く、一般人と比べて筋肉の酸素消費が多くなります。そうすると、活性酸素はより増加することになります。

 

運動すると血液が筋肉に送られることになりますが、運動後は内臓に一気に血液が戻り、大量の活性酸素が発生することになります。そのため、毎日激しい運動を重ねるスポーツ選手の発生する活性酸素の量は甚大です。水素水を利用するスポーツ選手が多いのは、そうした理由からで、水素水には、活性酸素の排出を助ける作用があります。

 

また、カロリーが0なので身体にも優しくなっています。水素水をよく利用しているスポーツ選手は、スポーツドリンクの替わりとして飲用しているのです。

 

水素水を利用するスポーツ選手にはどんな人がいるのかというと、野球のイチロー、
プロ格闘家の石井、柔道で金メダリストの鈴木、プロテニスプレーヤーのクルム伊達、ハンドボールの宮崎、元なでしこジャパンの大竹などです。

 

引退する年齢のスポーツ選手がハイパフォーマンスを維持し続ける要因に、水素水が挙げられています。

水素風呂の賢い利用方法

 

水素風呂の賢い利用方法としては、水素は約7分で体内に入って全身に行き渡るので、水素風呂で入浴する時は、38~40℃のぬるま湯に入って、20~30分かけて入浴することです。効果的に水素風呂に入るには、浸かる時間が大事です。

 

水素が肌から吸収されるのは7分~15分程度かかるので、40度前後のぬるめのお湯にゆっくり浸かることが重要なのです。

 

そうすれば、水素風呂の効果をより実感することができます。また、ビニール傘などで頭の上を覆ってサウナ状態にして水素風呂に入ると、蒸気を効率よく吸い込むことができるので、より効果がアップします。

 

家庭のお風呂の水を水素水に変えて水素風呂にするには、水素を発生する水素入浴剤をお風呂の水に溶かして水素を発生させるとよいです。

 

この方法なら簡単です。水素水生成器を使ってキメ細かい水素の泡をお風呂の水に送って入浴する方法もあります。

 

水素水生成器を使うとよく、水素水生成器単独で水素を発生させて水素水を作ることができます。水素水生成器と水素を発生させるための入浴剤をセットで使うタイプでもかまいません。